給湯器を交換するか修理するかの判断基準

給湯器を交換するか修理するかの判断基準 相談相手を間違わないことが大切

 

これまでに使用していた給湯器が壊れてしまった時、交換するか修理するかの判断で悩む人は少なくありません。「出来ることなら修理したいけど、すぐに壊れてしまうのも嫌だ」と考えてしまう人が多く、修理をしてもまた別の箇所がすぐに壊れてしまうかどうかは実際に修理してみないと分からない部分です。

しかし相談する相手を間違ってしまうと、交換するべきか修理するべきかの判断を大きく見誤ってしまう可能性があります。以下では「給湯器を交換するか修理するかの判断基準」についてご紹介します。

 

給湯器を交換するか修理するかの判断基準

  • 給湯器の使用年数と耐用年数
  • 給湯器の修理費用と交換費用の比較

 

給湯器の使用年数と耐用年数

給湯器の耐用年数は7年~10年です。もちろん使用状況にも左右されるので、使用量が平均以下の場合は10年を超えて使用できるケースもありますが、基本的には10年を超えて使用できることを前提に作られている物ではありません。

今の給湯器は一昔前と違って「10年を超えた機種は毎年、安全上の問題がないかどうかの点検を受けること」というルールが出来ています。もちろん点検は有料なので最終的に点検を受けるかどうかはユーザー次第ですが、このルールが物語っているように10年を超えた給湯器が故障した場合は修理ではなく交換するのが無難です。

 

給湯器の修理費用と交換費用の比較

給湯器の故障内容にも大小があるので、簡単に直せるものもあれば大掛かりな修理になるものもあります。

前項でも触れたように使用から10年以上が経過した給湯器が故障してしまった場合は、修理ではなく交換をする方が無難ですが、もし「修理が1万円~2万円」という場合であればダメもとで1回修理してみたいと考える人は少なくないでしょう。

 

1番損をしてしまうパターンは「以前に修理した分のお金が勿体ない」という考えから修理を重ね続け、最終的に交換できるくらいの修理費用がかかてしまうというパターンです。

こうならないためにも年数の経った給湯器本体は買い替えることが望ましいですが、万が一すぐ壊れてしまっても諦めが付く金額に限り、可能性にかけて修理してみたいという人は一定数います。

 

給湯器の交換か修理かで注意したいポイント

  • 給湯器を修理できる業者はメーカーサービスのみ
  • 修理できない業者は交換させたい

 

給湯器を修理できる業者はメーカーサービスのみ

給湯器を交換するか修理をするかを検討するうえで、まず注意したいのが「給湯器が故障した際にどの業者を手配するか」です。実は給湯器の修理は誰でも出来るというわけではなく、限られた業者しか出来ません。

給湯器を修理できる専門業者はメーカーサービスと言って、給湯器メーカーの説明書や公式サイトに記載されているメーカーのコンタクトセンターに修理依頼をした時に来てくれる業者だけです。

人によってはネットで検索した業者に依頼する人、以前に取付作業をしてくれた業者に依頼する人、広告や給湯器に貼られているマグネットを見て依頼する人など様々ですが、これらの業者の多くは給湯器の交換作業はできても給湯器の修理はできません。

 

修理できない業者は交換させたい

給湯器の修理ができる業者からすれば「修理はいくらで、交換はいくらです。さぁどうしますか?」とユーザーに選ばせることが出来ます。

もちろん修理業者にとっても修理よりは交換の方が儲かるので、交換の方になびくような説明をする場合がありますが、交換になって別の業者に逃げられてしまうよりは修理をしたいという考えも生まれるでしょう。

 

一方で修理が出来ない業者の場合は、修理を選択されてしまうと儲けがほとんどでません。この場合は最初に手配した業者がメーカーサービスに修理を依頼し、そこで本来の修理額にいくらかの手数料を乗せて請求するという流れになることが多いです。

メーカーを呼ぶと高いというイメージがあり、場合によっては「部品がないので修理できません」という診断をするのにも出張料と点検料を取るという側面がありますが、本当に修理できないかどうかを知るには修理専門の業者に診てもらう以外に方法はないでしょう。