賃貸物件の給湯器交換の際の正しい手順

賃貸物件での給湯器交換|重要なのは契約内容に従うこと

 

賃貸物件に住んでいる人の中には、給湯器が故障してしまうと大慌てになってしまい「一刻も早く修理をしてもらわなきゃ!」ということで、自分の判断で修理業者を手配してしまう方がいます。

そして年数が経っている給湯器だと当然「交換の方がいいですよ」ということになり、人によっては「じゃあその方向で(あとで管理会社に連絡しよう)」となる人もいます。

契約内容にもよりますが、ほとんどの場合でこれらの行動は間違いです。以下では「賃貸物件の給湯器交換の際の正しい手順」について説明するので、ぜひ参考にしてください。

 

基本は管理会社、または大家さんの指示に従う

給湯器が故障した時、基本的には管理会社(大家)に連絡をすることがルールになっている賃貸物件が多いです。もしくは賃貸物件と契約している救急サービスに連絡するというパターンも少なくありません。

いずれにしても修理を依頼する業者は管理会社の方で決まっていることが多く、修理のためにメーカーを手配するにしても「管理会社→業者A→メーカー→住人」というように、中間に別の業者が入る可能性があります。

 

住人の立場としては「一刻も早く修理なり交換なりしてほしい」という感情だとは思いますが、管理会社の方でも大家とのルールなどがあり、中には特定の業者に依頼することが決まっているというケースも珍しくありません。

いずれにしても賃貸物件に住んでいるという場合、自身の勝手な判断で業者を手配するのではなく、契約先の指示に従うことが無難です。

管理会社(大家)の方から「お家の中の設備はすべて住人の財産である」というような取り決めのある場合においては、この限りではありません。

 

給湯器故障中の保証について

もし給湯器が完全に故障してしまっていて、給湯器が修理または交換になる場合は「お湯が使用できるまでどうすればいいか」という問題が発生してしまうと思います。

基本的には、賃貸契約でどういう取り決めが交わされているのかという話になります。場合によっては「お湯が使用できなかった日数によって、家賃が減額される」ということもあるので、もし何日もお湯が使用できずに困った等の例があった場合は、管理会社に相談するといいでしょう。

 

イレギュラーな場合は事前に管理会社に相談

非常に少ないケースだと思いますが、もし「給湯器交換に発生した費用は自分で出すから、自分の方で交換作業を進めたい」等のケースがある場合は、事前に管理会社に相談することをおすすめします。

毎年夏になるとエアコンの施工業者が1ヶ月待ち等になり、どうしても待てないという人で「こっちでやってもいいか?」という人が少なからずいます。

その場合、多くは「費用は自己負担でもいい」という気持ちで住人の方から話を持ち掛けることが多いですが、退去の際にその設備をどうするのか等の問題もあるので、いずれにしても管理会社(大家)に相談するのが無難です。