給湯器が壊れたけどお金がない時のアドバイス

給湯器が壊れたけどお金がない! そんな時は分割・ローン・リースが味方

 

給湯器は毎日使用する生活必需品ですが、ある日突然壊れてしまうことがほとんどです。「給湯器が壊れたけどお金がない!」という人は決して少なくありません。

しかし給湯器は我慢できるような物ではないので、多くの人が「どうにかして交換する方法を考える」のではないかと思います。以下では給湯器が壊れたけどお金が無くて困っているという人に向けて「現金をポンと用意できなくても給湯器交換できる方法」を紹介します。

 

即金が用意できなくても給湯器交換できる方法

  • 給湯器の施工業者にローン契約、分割払いをお願いする
  • ガス会社のリース契約を利用する

 

ローン契約、分割払い

  • メリット:即金が用意できなくても月単位で少しずつの支払いでOK
  • デメリット:業者によっては不可能

 

施工業者によってはローン払い、分割払いをしてくれることもあります。クレジットカードを使った分割払いなら、かなり多くの施工業者が引き受けてくれるはずです。

一方で「クレジットカードを持っていないけど、何とかローン払いにしてほしい」という場合でも、業者によっては引き受けてくれます。この辺りは業者によって違うので、色んな業者に相談してみてください。

 

リース契約

  • メリット:即金が用意できなくても月単位で少しずつの支払いでOK、修理費用はガス会社が負担
  • デメリット:トータルの支払額は多め、途中解約の場合は違約金が発生、修理にかかる時間は少し長いかも

 

東邦ガス - らくらくリースとは?

東邦ガス – らくらくリースとは?

 

大手のガス会社なら、ガス給湯器のリース契約を結べるところが多いです。月々数千円という価格からの支払いが可能なので、まとまったお金が用意できないという場合は頼りになります。

1番のデメリットは総支払額が大きいという点です。上記の例で言えば、エコジョーズの給湯暖房機の8年リースで総支払額が2962×96=284352円です。

 

いえすと - 給湯暖房機取付費用

 

当サイトでおすすめしている「住宅設備直販センターいえすと」は関東近郊・関西近郊限定の給湯器交換業者ですが、70%OFF~80%OFFが当たり前なので給湯暖房機でも取り付け料込みで税込み20万円を切ります

リース契約の場合は修理費用の面倒も見てもらえますが、果たして8年間の修理分を計算して10万円前後の恩恵が受けられるかどうかは疑問です。

それからリース契約の場合は、必ず修理業者とガス会社の間で見積もりなどのやり取りがあるため、ユーザーと修理業者でやるよりもワンテンポ遅れる可能性があります。途中解約の場合は違約金などもありますが「トータルで支払う額が増えてもいいから、とにかく月々の支払いを軽くしたい」という人におすすめです。

 

上記の例は東邦ガスにおける一部の内容です。採用する給湯器の種類によっても内容は変わりますし、他のガス会社とリース契約を結ぶ場合は金額が変わる可能性が高いので、正確な金額はご自身でお住いの管轄のガス会社にお尋ねください。

 

知り合いの業者がいなければ…

関東地区、関西地区限定にはなってしまいますが、上記でも紹介した「住宅設備直販センターいえすと」という業者が分割払い、ローンに対応しています(地域によっては対応していませんが…)。それだけでなく製品保証や施工保証などもしっかりしていて給湯器の大幅割引きにも提供のある業者です。

関東地区、関西地区に住んでいる方で「頼れる業者がいなくて困っている」という場合は、複数の業者を比較・検討するうえで候補に加えてみてはいかがでしょうか。

 

【↓住宅設備直販センターいえすと公式サイト↓】

【給湯器の交換】≪最大81%OFF≫本体・リモコン・基本工事費込みで激安