給湯器交換は雨だと中止?

なるべく早くに工事して欲しい… 給湯器交換は雨だと中止?

 

給湯器交換の日が迫り、当日の天気予報が雨だったという場合、もしかしたら「給湯器の交換作業って雨だと出来ない?」と思う人もいるはずです。基本的には多少の雨なら問題ありません

以下では「給湯器交換が天候によって延期になってしまうケース」についてご紹介します。

ここでは平均的な業者の目安についてご紹介します。実際にやるかどうかは業者次第なので、明確な答えについてはご自身が依頼している(依頼する予定の)施工業者にお問い合わせください。

 

給湯器交換は多少の雨なら問題なし

給湯器修理の場合は本体のフロントカバーを開けて作業する時間が長いので、場合によっては日程を延期してもらうことがありますが、給湯器交換の場合は雨なら問題ありません(フロントカバーを開けずに施工可能)

施工業者としても「お湯が使えていないお客さんに対して『1日延期してほしい』というのは難しい」ので、機械に影響を与えるほどの天候でなければ問題なく作業するケースがほとんどです。

 

台風レベルになって初めて延期を検討

台風レベルになると場合によっては工事日の延期を検討することになるでしょう。特にただでさえ取付時間を要する給湯暖房機の工事の場合に、台風の中で配管洗浄をするというのは非常に厳しいものがあります。

もちろん屋外設置の給湯器であっても、うまく雨風が凌げるような設置状況の場合なら問題ない場合もあって、この辺りは現場状況と実際に施工する業者の考え方次第です。

いずれにしてもせっかく取り付ける新品の給湯器が壊れてしまったり傷付いてしまうことは避けたいので、よほどの悪天候の場合は期日の延期を打診させてもらうこともあります