給湯器交換を水道屋、水道業者に依頼する場合の注意点

給湯器交換を水道屋、水道業者に依頼 その際の注意点まとめ

 

給湯器の交換を依頼できる先として、最も候補として挙がりやすいのは「水道屋・水道業者」です。キッチンやトイレ、浴室などの水回りのトラブル解決など幅広く活動している業者が多く、中には全国的なCMなどを展開してPRしている業者も少なくありません。

以下では「給湯器交換を水道屋、水道業者に依頼する場合の注意点」をご紹介します。

 

水道屋、水道業者の大半は給湯器の修理が出来ない

給湯器の修理は限られた業者しかできないため、水道屋・水道業者の多くは給湯器の修理ができません。しかし電話で問い合わせたり、ホームページの内容を見ると「給湯器の修理」という項目があったりします。

これらの多くは「年数の経った給湯器本体を交換に持っていく」という目的があり、どうしても交換になびかないユーザー相手には仕方なくメーカーを手配するという流れになることが少なくありません。

この場合、メーカーの直接的なお客さんは中間に入った水道屋・水道業者になるため、修理の見積もりなどにも中間マージンが乗せられるケースがあります。

 

水道屋、水道業者のスキル差はそれぞれ

給湯器のメーカーサービス(修理業者)は、メーカーの方で認定試験などがあってそれなりの技術を持っている人が多いですが、一般的な水道屋・水道業者の場合はレベルの高い業者とレベルの低い業者がいます。

レベルの高い業者なら安心して任せることが出来るものの、レベルの低い業者に当たってしまった場合は悲惨です。しかも一般ユーザーには、その業者のレベルが高いか低いかの判断が難しいという側面もあります。

特に「給湯器交換にかかる費用・金額が安いから」という一点で業者を決める場合は、その業者のスキルを完全に度外視して業者選定をしているため注意が必要です。

給湯器業者のレベルが低いと取付方法が悪いせいで新品なのに給湯器本体が故障してしまうというケースがあります。本来なら製品保証がありますが、これは正しい使用方法の場合にのみ適用されるものなので、施工方法が悪くて故障した場合は有償修理となり、悪徳業者の場合は知らんぷりすることがあるので注意してください。

 

悪い水道屋・水道業者に引っ掛からないためには

悪い業者に引っ掛からないための基本は複数の業者を実際に比較してみることです。ネット上の口コミに任せて業者を選ぶと、自作自演で評価を上げている業者もたくさんいます。

そもそも給湯器の交換をする機会は限られているので、そんなにたくさんの業者を比較することは難しいです。まずはネット上の「給湯器交換業者ランキング」みたいなものも疑ってかかるくらいの気持ちが重要と言えるでしょう。

 

「素人が水道業者を何社か見ただけでどれが悪徳業者か見抜けるの?」という人は少なくないと思いますが、実際に比較してみると色んな部分が見えてきます。やたら交換させようと必死になってくる業者もいれば、心の底が見えない業者もいるはずです。

しかしニュースになるような悪徳業者のほとんどは、全員を騙そうという考えはありません。そういう業者にとっては「そもそも他の業者と比較するような相手は騙せなくていい」という感じで露骨なケースが多いです。「法外な料金を請求された」というケースでも他の業者も頼っていれば難なく気付けることが多いでしょうから。