給湯器交換業者「住宅設備直販センターいえすと」の魅力

「住宅設備直販センターいえすと」の魅力 安心のW保証と大幅値引きの両立

 

「給湯器交換のおすすめ業者ってどこ?」というお問い合わせを頻繁にいただきます。しかし地域によっても変わりますし、少なくともランキングで順位付けできるような明確な基準があるわけでもありません。

当サイトではランキングによる評価は行っていませんが「住宅設備直販センターいえすと」という業者を候補の1つにしてみてはどうかということでおすすめしています。

以下では、給湯器交換業者「住宅設備直販センターいえすと」の魅力について紹介するので、ガス給湯器の交換を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

注意
給湯器交換業者「住宅設備直販センターいえすと」の活動範囲は関東エリア・関西エリア限定となっています

 

【↓住宅設備直販センターいえすと公式サイト↓】

【給湯器の交換】≪最大81%OFF≫本体・リモコン・基本工事費込みで激安

 

給湯器交換業者「住宅設備直販センターいえすと」の魅力

メーカー直販で仕入れるから本体価格の大幅値引きが可能

いえすとの給湯器販売価格

 

  • ノーマルタイプのガス給湯器が最大82%OFF
  • 暖房機能付きガス給湯器が最大69%OFF

 

給湯器本体の販売価格は業者によって大きく異なり、特にカタログに掲載されている金額は意味がない数字と言っていいほど、業界の相場とはかけ離れた価格差があります。

業界最安値の業者を探して1円でも損をしたくないという場合は断言できませんが、少なくとも当サイトで紹介している住宅設備直販センターいえすとは最安値のトップクラスです。

例えいくら他の業者を探しても85%以上を値引いてくれる業者の存在は聞いたことがありませんし、最安値があったとしても1%か2%程度の差になるでしょう。住宅設備直販センターいえすとはメーカーから直接給湯器本体を仕入れているため、中間マージンなどが発生せず、大幅値引きが可能となっています。

 

Wの保証で10年間心配いらず

いえすとのダブル保証

 

  • 10年間の商品保証
  • 10年間の工事保証

 

10年間の商品保証とは、給湯器本体には製品保証として1年間(または2年間)の保証がありますが、これを10年間に延長してくれるというものです。普通に使っていても年数が経つと給湯器が故障してしまうことがあります。ある日突然壊れてしまうため、修理費用の工面に悩んでしまうという人も少なくありません。

こんな時に10年の保証延長に加入していれば、給湯器が故障しても修理代が一切かからないというものです。給湯器の修理はどんなに安くても部品交換1点につき数万円の費用が普通にかかってしまうので、10年の商品保証が付いてくるなら安心でしょう。

注意
「わざと壊した」等の場合は保証されません

 

10年間の工事保証とは、施工方法が悪くて給湯器が故障してしまった場合にも保証してくれるというものです。これは一見すると当たり前のようですが、一部の施工業者はこのような当たり前のことをしてくれないので注意が必要です。

特に最安値の業者を探し回って「確かに金額的には安かったけどいい加減な施工をされた」という場合は、施工方法が原因で給湯器が故障してしまうこともあります。この時に施工業者は「製品保証があるからそれで修理しろ」と言い、メーカーは「施工方法が原因だから製品保証は適用されない」と言います。

ここで1番の被害者はユーザーですが、悪い業者に捕まってしまうとこのようなトラブルに発展してしまう事例が少なくないため、工事保証がある施工業者はある程度信頼できるという物差しにおすすめです。

 

【↓住宅設備直販センターいえすと公式サイト↓】

【給湯器の交換】≪最大81%OFF≫本体・リモコン・基本工事費込みで激安

 

住宅設備直販センターいえすとの申し込み方法

手順1
まずはメールか電話で問い合わせる
まずはメールか電話で見積もりと現場調査の依頼をします。見積もりは無料です。メールだと依頼内容が文面で残るのでおすすめです。
手順2
現場を見に来てもらい、詳細の見積書を作ってもらう
実際に現場を見てもらい、正確な金額の見積もりを出してもらいます。場合によっては他の施工業者との比較をしてみるといいでしょう。
手順3
見積書通りの内容で問題なければ依頼し、給湯器の交換工事へ
見積もりの内容で問題がなければ交換作業を依頼します。
手順4
代金のお支払い(現金、クレジットカード、ローン)
住宅設備直販センターいえすとは支払い方法にも幾つかのバリエーションが用意されていますが、ローンや分割払いなどは地域によって対応・非対応があるため事前に確認することをおすすめします。

 

給湯器情報のチェック方法

 

見積もり依頼をする際、給湯器のメーカーや品番をメールで記入、または電話で伝える必要があります。これは給湯器本体にシールが貼られているので確認してください。ガス種は都市ガス用かプロパンガス(LPG)のどちらかです。

メールで申し込むか電話で申し込むかはどちらでもOKですが、給湯器の品番はアルファベットの羅列で「BなのかDなのかが分からない、PなのかTなのかが分からない」ということが起こるので、メールでの問い合わせの方がおすすめです。

現在の設置状況を写真添付して欲しいという旨が書かれていますが、どちらにせよ実際に現場を見てもらわなければ詳細の金額は出ないのでどちらでも結構です。

 

給湯器の交換で失敗したくない場合は「住宅設備直販センターいえすと」へ

「住宅設備直販センターいえすと」は価格的にも安心面でも非常におすすめの給湯器交換業者です。もし「給湯器の交換をどこに依頼すればいいか分からない」という場合は、ぜひ候補の1つとして頼ってみてください。

候補の中に入れておくだけでも間違いなく失敗する確率は大幅に下がるでしょうし、文句なしにおすすめです。

 

【↓住宅設備直販センターいえすと公式サイト↓】

【給湯器の交換】≪最大81%OFF≫本体・リモコン・基本工事費込みで激安