給湯器交換の詐欺を回避する方法

給湯器交換の詐欺の事例 給湯器交換の詐欺を回避する方法

 

給湯器交換やトイレの詰まり修繕工事等における詐欺事件の相談件数が増えています。

以下では「給湯器交換の詐欺を回避する方法」を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

給湯器交換の詐欺を回避する方法

  • 修理できるかどうかはメーカーサービスに見てもらうこと
  • 給湯器の交換費用は複数社から検討すること

 

修理できるかどうかはメーカーサービスに見てもらうこと

給湯器を修理できるのはメーカーサービスだけです。メーカーサービスというのは、給湯器メーカーに修理依頼をした時に来てくれる業者で、原則として1つの都道府県に何軒も存在するものではありません。

よく水回り全般の修理を請け負っている業者に給湯器の故障を診てもらうというケースを聞きますが、メーカーサービス以外で給湯器を修理できる業者は実質ゼロのため、中には「もう寿命を迎えています」と言って買い替えさせる方向に持っていく業者がいます。

 

ですが、こんな状況でもちゃんとしたメーカーサービスに診てもらうと「確かに機器寿命に差し掛かってはいますが、修理なら○○円になります」と、ちゃんと修理の場合の見積もりを提示してくれるケースが少なくありません。

まず修理できるかどうかについては専門家の判断を聞き、そこで「修理よりも交換の方が良さそう」と思った場合は改めて給湯器交換の検討に入るのがおすすめです。

 

給湯器の交換費用は複数社から検討すること

給湯器交換の詐欺を回避するのに最も有効な手段は「最初に依頼した業者で決定しないこと」です。

信頼できる業者を知っているという場合は別ですが、ただ単にネットでおすすめの給湯器交換業者を探して口コミが良かった業者にお願いするというのは危険です。

特に価格相場が全く分からないという人は少なくないので、そういう人は1社でも多くの候補から検討することで失敗してしまう確率を大幅に下げることができます。

 

実際に詐欺ってどれくらいあるの?

相談内容をみてみると、「スマートフォンで検索をして一番上に表示された業者に依頼をした」「ポスティングのチラシで見た業者に依頼をした」という人がトラブルに遭っているケースがみられます。

政府広報オンライン

 

上記は暮らしのレスキューサービスに関する詐欺の相談件数を数値化したものです。これらの全てに共通して言えるのが「似たような業種に携わっている人間でなければ価格相場が分からない」という点でしょう。

特に給湯器交換の場合は「本当は修理が出来るのに交換を勧める」ということが多く、その交換費用も高く見積もられてしまうということがあります。それを回避するには「修理の内容はしっかりとメーカーに見てもらい、交換の場合は複数社の見積もりを見比べる」ことが重要です。