給湯器のフルオートとオートの違いを解説

給湯器のフルオートとオートの違いを解説 違いはふろ機能の微妙な差

 

給湯器のスペックは幾つかに分かれており、そのうちの1つが「フルオートとオート」の2種類です。どちらもお湯張り機能があるという部分までは共通ですが微妙な差があります。

以下では「給湯器のフルオートとオートの違い」について解説します。

 

給湯器のフルオートとオートの違い

リンナイ - フルオート

フルオート

 

給湯器のフルオートとオートの違いは、浴槽の中の湯量を測れるかどうかです。フルオートは浴槽内の湯量を測ることができ、オートは測ることができません。

浴槽の湯量を測れることによって、フルオートには以下の特徴があります。

  • 残り湯がある状態からのお湯張りも設定湯量通りになる
  • 減った湯量は自動で足し湯する
  • ふろの栓を抜いた時に自動的に追い炊き配管の洗浄ができる
  • 人がおふろに入った時にぬるいと感じる前に自動的に追い炊きをする

 

便利と感じる人もいるでしょうし、そこまで魅力を感じないという人もいるかと思います。中には「自動であれこれやるとは言っても水道料金が気になる」という人もいるのではないでしょうか。

フルオートの場合はこれらを自動にもできますし、手動に切り替えることも可能です。そのため勝手に足し湯されたくないという場合は切り替えられるので心配いりません(ただしその場合はオートと似たような感じになります)。

 

リンナイ - オート

オート

 

オートの場合、自動湯張りは原則として浴槽が空の状態で行うものになります。あとはフルオートでは自動的にやってくれていたことを手動でやる必要があります(手動とは言ってもボタンを押すだけですが)。

 

フルオートのアピールポイントは配管洗浄機能

リンナイ - おいだき配管自動洗浄

リンナイ – おいだき配管自動洗浄

 

リンナイもノーリツもそうですが選ぶならフルオートをおすすめしていて、そのセールスポイントとして挙げているのが「追い炊き配管の洗浄機能」です。

基本的にはお湯張り機能があるだけでも追い炊き配管内にゴミなどは貯まりにくくなっているのですが、追い炊き配管の洗浄機能が搭載されたことにより、入浴剤を使用する場合やご家族の人数が多い場合の皮脂汚れにも強くなりました。

 

物によっては熱いお湯を流す機能を持つ機種もありますが、この機能自体は「ただお湯を流すだけ=お湯張り動作と一緒」のため、実質お湯張りを少しやれば同程度の効果が得られます。

そのため「お風呂の栓を抜いたら自動でやってほしい」というユーザー以外には特に大きなメリットとも言い切れません。オートでも自分でボタンを押せばOKです。

 

フルオートとオートの価格差

リンナイ-フルオートとオートの価格差

RUF-E2406AWシリーズ

 

フルオートとオートの金額差を比較すると、メーカー希望小売価格の時点で大体5万円程度の差になります。もちろんここから値引きがあるので、多くの場合で25000円以下の差になるでしょう。

あとは上の方に書いた配管洗浄や足し湯を自動でやってくれる機能に、これだけの価値を感じるかどうかです。人気があるのはフルオートのような気がしますが、それはメーカーが率先して売っているからであり、そこまで便利というものでもありません。金額差を考慮しながら、お好きな方をお選びください。