ガス給湯器の号数の違いを解説

ガス給湯器の号数の違いを解説 違いは一度に使える湯量の差

 

ガス給湯器のスペックは幾つかに分かれており、そのうちの1つが「号数」の2種類です。24号、20号、16号の3つが家庭用給湯器のグループとなっており、それ以下にバランス釜や瞬間湯沸かし器などが所属しています。

以下では「給湯器の号数の違い」について解説します。

 

ガス給湯器の号数の違い

ガス給湯器の号数の違いは、燃焼能力の違いです。

号数の数字が大きければ大きいほど燃焼能力も高くなります。燃焼能力は一度に作れるお湯の量を表しているため、複数箇所で同時にお湯を使用する場合や追いだきをしながらお湯を使用する場合に差が出ます

ガス給湯器メーカーは「単身で16号、2人で20号、それ以上なら24号」を推奨していますが、3人以上の家族で16号を使用している家庭も少なくありません。

 

具体的な24号、20号、16号の燃焼能力

リンナイ - 号数の目安

号数の目安

 

給湯器の燃焼能力を考えるにあたって重要なのが「入水温度」です。寒い地域の寒い時期の水道水は非常に冷たいので、それを40℃前後のお湯にするのには高い号数の方が有利です。号数の定義は「水温+25度のお湯を1分間に何リットル作れるか」で、この数字がそのまま号数になっています。

  • 24号:水温+25℃のお湯を1分間に24リットル出湯する能力
  • 20号:水温+25℃のお湯を1分間に20リットル出湯する能力
  • 16号:水温+25℃のお湯を1分間に16リットル出湯する能力

 

「冬時期、シャワーを浴びながら食洗器を使い、洗濯でもお湯を使用する」というようなシチュエーションの場合は、同時にお湯を使うことになり要求される燃焼能力も高くなるため、号数の大きいガス給湯器の方が無難です。

号数が間に合ってない状況だと、お湯の蛇口を全開にしても出湯量が絞られてしまい、満足のいく湯量が確保できない可能性があります。

 

号数の違いによる金額差はどのくらい?

リンナイ-RUF-Eシリーズ小売り希望価格

 

リンナイで販売されているRUF-Eシリーズの燃焼能力別希望小売価格は上記のようになっています。RUF-Eのあとの数字がそれぞれの燃焼能力を指しています。20号だけQ21の有無で2パターンの価格設定がありますが、1つ号数が変わるごとに2万円~3万円程度の金額格差です。

ガス給湯器を交換する場合、ここから値引きがあってそこに取り付け料などが加算されるようなイメージなので、実際の金額差が3万円も開くようなことはありません。ガス給湯器の交換にあたって号数の上げ下げを検討する場合は「思っている以上に金額差は小さい」ことに注意してください。