給湯器交換で別メーカーへの変更は可能?

給湯器交換で別メーカーへの変更は可能? 給湯器メーカーを変更する際の注意点

 

給湯器はお風呂と接続されていたりもするので「簡単にメーカーを変えることが出来ない」と思ってしまいがちです。

実は一部だけ注意すれば給湯器の別メーカーへの変更は簡単です。以下では「給湯器メーカーを変更する際の注意点」についてご紹介します。

 

マンションでエコジョーズを使用している場合の注意点

三方弁ユニットを使用している場合は注意が必要

マンション等の集合住宅でエコジョーズを使用している場合、ドレン配管をどう処理しているかが重要となります。「浴室内に三方弁ユニットを設置している」という場合は、メーカーを変更する際に注意が必要です。

三方弁ユニットはメーカーによって物が異なるので、例えば給湯器のメーカーをノーリツからリンナイに変更するという場合、この分の金額が上乗せになってしまう可能性があります。価格は15000円~20000円程度です。

 

リンナイ - ドレン排水切替システム概念図

リンナイ – ドレン排水切替システム概念図

 

エコジョーズなどの高効率タイプの給湯器は燃焼すると機器内部で結露が発生します。これをドレンと言います。ドレンは機器外に排出する必要がありますがマンション等では排水場所に困るため、三方弁ユニットと呼ばれる別売りの機械を使って浴室の排水にドレンを流していることがあります。

 

三方弁ユニットを使用しているかどうかの判断方法

 

上記はノーリツ製の三方弁ユニットですが、三方弁ユニットは大体このような形をしており、多くの場合で「浴室のエプロン内部や給湯器本体周辺」に設置されていることが多いです。

三方弁ユニットが使われているかどうかを確認する方法は以下の3つです。

  • 浴槽エプロン内側や給湯器周辺などを探す
  • 施工当時の見積書に三方弁ユニットの掲載があるかどうかを調べる
  • 施工店(かつて施工してくれた業者または今回交換をお願いする業者)に聞く

 

多くの人は「そこで余計な費用が発生するなら、同じメーカーでいいや」という判断になるかと思いますが、場合によっては「出来ればメーカーを変更したい」という人もいるでしょう。

メーカーを変えたいという人にとって「余計な費用が発生するのかどうか、発生するとすれば正確な金額差はいくらになるのか」は重要事項です。そういう場合は、新たに施工を依頼したい業者に確認してもらうというのが最善の方法です。

給湯器交換の際には現場を見てもらってから正確な見積もりを出してもらうことが重要なので、その時に交換業者に聞いてみることをおすすめします。

 

給湯器のメーカーでおすすめは?

シェア率で言えばガス給湯器はリンナイとノーリツの2強、石油給湯器はノーリツ、コロナ、長府製作所あたりが人気です。ただしあくまでシェア率であり、どこのメーカーが優秀ということは無いです。

基本的に以前使用していた給湯器に不満がなければ同じメーカーを選択する人がほとんどです。中には「早く壊れてしまった」とか「修理に来てくれた人との相性が悪かった」等の理由からメーカーを変更したいという方もいます。

 

ただしその場合は「ノーリツからリンナイ」だったり「リンナイからノーリツ」だったりで、どこのメーカーから乗り換える人が多いとかそういう事例はありません。

どこの給湯器メーカーの製品が長持ちするということもなければ、金額的に安いということもないので、ご自身の思う通りに検討していただけたらと思います。現時点で不満があるなら乗り換えもおすすめですが、もし三方弁ユニットを使用している場合は注意してください。